戦略

UmicoreはHorizon 2020戦略として、収益性の高い成長のための明確な目標を定めています。この戦略は、特に資源不足、排出抑制、輸送の電化という3つのメガトレンドに牽引されているビジネスにおいて、Umicoreの成長とパフォーマンスの加速を目標としています。

2020年までに、以下の目標を達成しました。

クリーンモビリティ・マテリアルとリサイクルにおける明確なリーダーシップ

これらは、当社が独自性を持ち、他社との差別化を図れる分野であり、成長の大きな可能性を秘めている領域です。これらすべての活動の推進力は、依然として非常に強力です。法制度により、電気自動車とよりクリーンな内燃エンジンの必要性が高まり、資源不足の懸念から、循環型経済への動きが加速しています。 

事業収益を2倍に

Umicoreは、2014年を基準として、2020年までに会社の収益を2倍にすることを目標に設定していましたが、これはすでに2018年、2019年に達成しました。当社は、革新的な製品とサービスを開発・販売するための研究開発に継続的に投資し、Umicore製品とサービスに対する市場の需要の高まりに対応する能力を強化することにより、将来の成功と持続可能性を確保することを目指しています。 

ポートフォリオと収益貢献のバランスを取り戻す

クリーンモビリティ・マテリアルとリサイクルにおける意欲的な成長イニシアチブへのUmicoreの焦点を明確にするために、当社の事業ポートフォリオは、焦点を当てた投資戦略に基づき、売却と買収を通じて再調整しています。 

持続可能性をより優れた競争力に変える

Umicoreは、1990年代の終わりから、持続可能性のパイオニアとなりました。当社は今、持続可能性のメリットと具体的なビジネス・バリューを組み合わせて、当社の立ち位置を変化させようとしています。一例として、 コバルトの持続可能な調達フレームワークは、当社の先駆的なアプローチが評価されており、お客様への競争力のあるサービスを提供しています。